読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチコロダオレ

スマブラ/スプラトゥーン/ポケモン/エロゲ/プロ野球等

ピクオリ使いが考えるピクミンとの付き合い方 ピクミン編

スマブラ ピクオリ 考察

 

f:id:pikmins:20160514021357j:plain

不定期だけど折角なのでピクオリに関する記事を少しずつ書いていこうかと思います。

まず初回は各ピクミンの能力に関して記述と考察。

 

スマブラ4のピクミンは全部で6種類います!

ピクミン、黄ピクミン、青ピクミン、紫ピクミン、白ピクミン、羽ピクミン

 

あれ?岩ピクミンは・・・?

 

pikmins.hatenablog.com

 

そんなものはない。悲しいなあ

上BがXから変更され、羽ピクミンを利用した復帰にチェンジされたことにより羽ピクミンスマブラに参戦。

 

それでは各ピクミンの細かい能力を紹介していく。

またピクミンの隣のHPはピクミン自身の体力を表す。8なら8ダメージ与えたらピクミンは死ぬということです。

 

ピクミン HP8

基本の攻撃力が他のピクミンより1.2倍と火力が高く、投げの威力が0.8倍と投げ自体のダメージは低い。

火炎攻撃であり且つ火炎耐性を持つ。
火炎属性の攻撃でダメージを受けず、一方的にかき消すことができる
(例:マリオのファイアボールリュウの灼熱波導拳など)
投げの威力自体は弱いが、これは他のピクミンよりも投げのベクトルが小さいとも言える。

この投げの弱さが光り、高%時でも比較的下投げからのコンボが入るので逆に火力が取れることも多い。
ピクミン=高火力というシンプルな強さが光ると言える。
無難にバーストを狙ったりダメージを稼げる、どの場面でも活躍できるピクミンと言える。

 

ピクミン HP8

基本の攻撃範囲が他のピクミンと違って1.25倍判定が少し広いのが最大の特徴。
この黄ピクミンの攻撃範囲だがXの時の鬼判定と比べ攻撃範囲は気持ちやや広め程度だと考えて良い。
電気攻撃であり且つ電気耐性を持つ。
ピクミン同様電気属性の攻撃でダメージを受けず、一方的にかき消すことができる。(例:ピカチュウの電気攻撃、サムスのチャージショット、ルフレNB類など)
技のヒットストップが他のピクミンと比べて長い
横Bは山なりに飛び、滞空時間が長く飛距離は少し短い。この飛び方に使い道は多少存在する。
空下のメテオは恐らくピクミンが一番決めやすいと思う(勿論他のピクミンでもできる)
需要があるかと問われるとあるorないがハッキリと分かれやすいピクミンと言える。

電気攻撃持ちには刺さることもあるのでそういったキャラに対応するために使用するなど探せば用途はありそう。

 

ピクミン HP11

投げの威力が他のピクミンと比べて1.6倍
それ以外は標準だが溺れないという性質を持つ。
ピクミンとは逆に投げの威力が高いため、投げからのコンボが入らなくなってしまう%が低く、ピクミンで掴んでしまったせいで火力が取れないということもある。
140~150%で上投げバーストが狙える。これがピクミン最大の強みと言ってもいい。
バッドステータスがない標準なピクミンだが投げの威力と体力が高く生き残り易いピクミンと言える。

 

ピクミン HP7

攻撃力が他のピクミンと比べて0.8倍と攻撃によって与えるダメージは低い。
横Bの張りつきと掴み攻撃が強い。一度に与えるダメージは3.3%~3.7%暗黒攻撃だが耐性は無い
横Bでは低い弾道を速く飛び、飛距離も長い大谷翔平のストレートのような速度である。
掴みのリーチが少し長い?気がする。 
纏めると、役目と体力上短命であることが多いピクミンであると言える。

 

ピクミン HP13

攻撃力が他のピクミンと比べて1.4倍
横スマ、下スマ、掴みのリーチ、横Bの飛距離が他のピクミンより短い。
横Bは打撃判定で相手に張り付かない
ピクミンの有無によってこのキャラの立ち回りは大きく左右されるといってもいいだろう。
空後のバースト力は魅力であり、横・上スマ根元ヒットでワンチャンスも作っていける。
体力が相当高く張り付かないためとても生き残りやすい。

単刀直入に言うと、頼りにしかならないピクミンであると言える。

そのぐらい使い勝手がよくピクオリの立ち回りやラインの確保に大きく関わってくるため、ピクオリ対策をするならばまず紫、白ピクミンを率先して殺すことが大事とも言われる。

 

ピクミン HPなし

上Bを使用した時に登場。オリマーorアルフを2匹で持ち上げる。

ピクミンを連れている数で羽ピクミンオリマーを運ぶ速度は変わる。

また、ピクミンの軌道ルートは操作できるため安直に崖に戻るのではなく、一旦停止してから戻ったり、崖を超えて空Nに繋げたり、場合によっては上下左右に移動したり崖下を潜るなんてことも可能だったりする。

上B使用中に「エッホ、エッホ」と2回羽ピクミンが鳴くが、この2回目のエッホが終わるとピクミンオリマーを運ぶという役目が終わりオリマーは尻もち落下になる

復帰を上手く狩るならばこの羽ピクミンの鳴き声にも耳を傾けると狩れる確率が上がる(?)かもしれない。

 

以上、6匹のピクミンの特徴を紹介しました。上記でも述べたけど岩ピクミンは死にました。

ところで、結局どのピクミンが一番重宝するの?と疑問を抱く人も多いと思います。

復帰時に出てくるだけの羽ピクミンは置いといて、赤黄青白紫だけで判断すると、

 

こうなると私は考えています。

 

紫が状況関係なく圧倒的にどの場面でも使えるため最上位は確定です。

青や赤はバーストの際に頼りになり、火力も申し分なく紫に次ぎます。

白は火力自体は最上位ですが短命かつ単体では弱いため白より上の3匹のピクミンと絡めた攻撃にて輝きます。要するに陰で支えるサポーターのようなもんです。

黄は・・・とりあえず捨てよう。どう足掻いても性能が劣ってます。

 

因みに、これを考えると残っていて鬱陶しいピクミンがもうお分かりですよね?

ピクオリ対策の基本の1つとしてピクミンを確実に殺すことは大事ですが、やはり面倒な紫はさっさと対処しておきたいものです。

ピクオリ対策のお話はまた別の機会に書こうと思います